がん保険と医療保険、違いを知っておきたい

日本人の死因の1位はがんであるという事実を、ほとんどの方がご存知でしょう。がんという病は身近な存在で、SNSが普及した昨今では、多くの方ががん闘病、あるいは看病の様子をブログなどに綴っています。

以前はがん告知は本人にはされず、家族が本人に伏せている、というドラマもよく見かけました。
しかし、今では本人に告知し、治療方法や生活の仕方を本人や家族で決めていく、がんを受け入れる時代になってきたのかもしれません。

それと同時にがん保険への意識も高まっています。がん保険にも様々な種類があり、どのように選べば良いのか悩みますね。
まずは、がん保険と医療保険の違いを知るところから始めましょう。
一般的な医療保険は給付対象幅広く、がんも含まれるのですが、がんは治療費も高額で、長引きます。そういった面が不安な方は、がんのために設計されたがん保険を検討すると安心です。

また、がんと診断されたとき、がん保険なら診断給付金が受け取れます。保険の種類や会社により、保障が一回だけのもの、複数回受け取れるものとありますので、確認しましょう。
がんは再発や転移の可能性も視野に入れておきましょう。
がんを受け入れ、安心して治療していくうえで、納得のいく保障があるべきです。

PAGETOP