がん保険に加入して、がんへの備えを十分に

昨今、がんであると公表する著名人も増え、テレビやインターネットでその闘病が伝えられるようになりました。がんであると知らされたときは驚きますが、同時に、実はがんが身近な病気であることにも気づかされます。
がんを公表する方々は、大勢の人を勇気づけ、がんに備えようと前進する手助けになればという思いが込めているようにも感じられます。

がんへの備えであるがん保険を今一度考えてみましょう。長年すでに加入している方も、加入したままになっているようであれば見直してみてはどうでしょうか。
がんに対する認識が高まってきていることから、がん保険にも様々な種類が増えてきました。その中から自分に合った保険を見つけるのは大変な作業ですが、自分のため、家族のためにも十分検討する意義があります。

がん診断給付金の回数、先進医療に関する特約、女性特有のがんに関する特約、死亡保障に関する特約など、資料を一読しただけでは自分が必要とする保障を見極めるのは難しいことです。
しかし、先延ばしにしていては後悔することがあるかもしれません。

一般的にがん保険には保障の開始日から90日間の待期期間があり、その期間はがんに対する保障がありません。ですから、がん保険に加入しようと思っているのなら、少しでも早いほうが良いのです。
がんは身近なもので、再発や転移など長い付き合いとなることが多いので、しっかりと備えておきたいものです。

PAGETOP